即戦力の外国人材受け入れに向け、新たな在留資格創設の方針を示す【政府】

政府は5日に行われた経済財政諮問会議で「経済財政運営と改革の基本方針2018(仮称)」(いわゆる「骨太方針」)の原案について議論を行い、その中で、深刻化する人手不足問題への対応として、即戦力となる外国人材の受け入れ拡大を図る方針を示しました。

あわせて読みたい