【元監督官が明かす!!送検・監督のリスク管理 事例徹底分析】第1回 近年の労働基準行政 長時間労働へ注力 人員体制は増加傾向に/西脇 巧

過労死発生事案などは厳正対処  労働基準監督署(以下「労基署」)では、企業に対して労働条件・安全衛生をめぐる労働問題について、調査や監督を行い、労働関係法令の違反を行政指導し、重大・悪質な事案の場合、送検するなどの業務を行っている。  司法事件として送検手続きを行うのは、警察のイメージが強いが、労働基準監督官(以下「監督官」)は労働基準法や労働安全衛生法などの履行確保のため、これらの法律違反の……[続きを読む]

あわせて読みたい