造船業で死亡災害相次ぐ 点検実施し重点監督指導へ 愛媛労働局

 愛媛労働局は、造船業の労働災害が増加していることを受けて、全国造船安全衛生対策推進本部愛媛支部長宛てに労災防止の取組みの強化を緊急要請した。7月に造船業で2人が死亡し、8月にも造船の部品を作る製造業で1人が死亡している。  同労働局は、造船の元請会社を通じて、下請会社への自主点検を依頼。「船体ブロック等の構造物の倒壊防止対策の基準を定め、守らせているか」「クレーン作業時に玉掛作業者等とつり荷と……[続きを読む]

あわせて読みたい