【今週の注目資料】「令和元年度使用者による障害者虐待の状況等」結果(厚労省)

経済的虐待が85%占める  障害者虐待の通報・届出のあった事業所数をみると、1458事業所と前年度比12.0%減っている。その中で、虐待が認められた事業所の数は535事業所と、同1.1%減少した。虐待が認められた障害者の数も771人で同14.3%減っている。  虐待を受けた障害者の障害種別をみると、知的障害者が45.9%と最も多い。次いで、精神障害者が27.9%、身体障害者が20.5%となって……[続きを読む]

あわせて読みたい