新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言前後におけるテレワークの実施状況に関する調査【NTTデータ経営研究所】

テレワーク実施時の連絡手段(業務実施デバイスを含む)について、「個人所有の携帯電話・PC」が過半数を占める一方、1000人以上規模の大企業では、会社支給デバイスのほうが割合が高く、シンクライアントPCの普及割合も3割程度に上る

あわせて読みたい