人手不足の状況、アフター・コロナを見据えて推進すべき働き方に関する調査【日本商工会議所】

「人手が不足している」と答えた割合は36.4%となり、新型コロナウイルス感本年2~3月時点の調査と比べて24.1ポイント低下。アフター・コロナを見据え、政府が要件・規制を緩和すべき働き方・推進すべき取り組みでは、「時間にとらわれない柔軟な働き方」を挙げた割合が35.9%に上る

あわせて読みたい