8割は軽症・無症状 入院勧告運用見直し 新型コロナウイルス感染対策本部

 厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策本部は、今後の取組み方針を決定した。感染者のうち、8割は軽症・無症状のまま治癒し、2割で肺炎症状、さらに5%程度が人工呼吸器管理などが必要になるという実態などを踏まえ、感染症法における入院勧告権限の運用を見直すとした。……[続きを読む]

あわせて読みたい