労災リスク共有を 建設業で死亡災害急増 千葉労働局

 千葉労働局(友藤智朗局長)は、建設業での死亡労働災害の急増を受けて、各現場において、労災リスクを全員で共有する「重点取組宣言」を行うよう要請した。重篤災害の防止が主な狙い。  建設業での死亡災害が、今年7月末までで9人と昨年同時期の2倍になっている現状を受けたものである。  死亡も含めた休業4日以上の災害は、……[続きを読む]

あわせて読みたい