【今週の視点】いざ出番“労使”の枠組み 消費者倫理醸成へ

「働き手」を守る観点で 顧客からの行き過ぎたクレームに疲弊する接客業従事者の実態をあぶり出した連合の消費者行動に関する調査(本紙既報)。働き手を守ろうと、まずは組合員とその家族から「消費者倫理」の意識醸成に向けた取組みを開始した。社員を守ることは企業にとっても重要な使命だが、消費者=顧客の関係上、なかなか前に出にくいのも分かる。「労使」の枠組みの出番である。……[続きを読む]

あわせて読みたい