コーポレートアイデンティティを活用できる施策の例とは?

コーポレートアイデンティティの活用方法とは?

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。

コーポレートアイデンティティを形づくる要素としては、社名やブランド名称、企業理念、ロゴ、コーポレートカラーなどが挙げられます。複数の要素の一つひとつに企業の思いや考え方などを明確化し、社会へと発信することがコーポレートアイデンティティの目的です。

コーポレートアイデンティティを活用すれば、顧客への認知度拡大だけでなく、企業ブランディングによる社員の意識向上や優秀な人材の獲得にもつながります。

多くの企業がコーポレートアイデンティティを作成していますが、せっかく作成したにもかかわらず、上手く機能していない企業も多く存在します。

今回の記事では、コーポレートアイデンティティを有効活用するための施策例についてご紹介します。

コーポレートアイデンティティを活用した施策の例とは?

コーポレートアイデンティティの意味や目的とは?

コーポレートアイデンティティとは、企業が持つ理念や事業内容などを分かりやすく体系的に整理して、社内外にアピールすることでより良い企業活動を行うための考え方として、1930年のアメリカで生まれました。

コーポレートアイデンティティを導入する目的は、主に企業内外の認識を統一して、企業のイメージの定着やブランディングを行うことによる自社の認知度向上です。

あまりにも有名な例ではありますが、マクドナルドのロゴを見れば誰もがマクドナルドだと認識できます。極端に言えば、黄色い「M」マークを見るだけで多くの人が無意識のうちにマクドナルドを思い出してしまうほど、企業イメージが深く印象付けられています。

コーポレートアイデンティティを分かりやすく言うと、一目見てその企業だと認識できる要素を意味します。コーポレートアイデンティティを形作る要素としては、シンボルマークやロゴ、企業理念や企業を象徴するイメージカラーなどが挙げられます。

コーポレートアイデンティティは、シンボルマークやロゴなどのを見ただけ・聞いただけで自社を連想させるだけでなく、同時に企業イメージとしても定着させることが重要です。

コーポレートアイデンティティを活用した施策例とは?

コーポレートアイデンティティを活用した施策例として挙げられるものに、コーポレートブランディングやインナーブランディングがあります。

コーポレートブランディングとは?

コーポレートブランディングとは、企業が存在する上での社会目的や目標を実現するための姿勢を明確化することによって、社会や顧客といったステークホルダーからの感情移入を促して味方に付けるための施策を意味する言葉です。

コーポレートブランディングの目的としては、資金調達における「IR効果」「採用ブランディング効果」「マーケティング面における顧客の感情移入における優遇」などを得ることが挙げられます。

インナーブランディングとは?

インナーブランディングとは、コーポレートブランディングの施策のひとつで、自社で働く従業員に対して、企業ブランドの価値や目指す姿勢を全従業員に理解させるための施策のを意味する言葉です。

インナーブランディングの目的としては、従業員一人ひとりに企業の理念やビジョンプロセスを理解してもらってモチベーションや生産性の向上を向上させ、企業成長につなげることが挙げられます。

コーポレートアイデンティティには「企業の考え方」「企業の行動」「企業の可視化」「企業の戦略」などが明確化されています。コーポレートブランディングやインナーブランディングにおいて、コーポレートアイデンティティで明確化された共通認識を持つことは非常に大切です。

コーポレートアイデンティティを活用した施策は自社の成長につながる!

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。

コーポレートアイデンティティは、単体で活用するというよりも、コーポレートアイデンティティを活用してどんな施策を実施するかが大切です。

企業の規模やステークホルダーにとらわれない、自社の中長期的な成長を目指して、コーポレートアイデンティティを活用した施策を策定しましょう。

The post コーポレートアイデンティティを活用できる施策の例とは? appeared first on 人事担当者のためのミツカリ公式ブログ.

あわせて読みたい