大手企業の2019年冬季ボーナス 過去最高を更新し約96万円(経団連の第1回集計)

 経団連(日本経済団体連合会)から、「2019年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)[第1回集計]」が公表されました(令和元年(2019年)11月14日公表)。


 調査対象は、原則として東証一部上場、従業員500人以上の大手企業で、有効な回答があった82社の結果をまとめたものです。


 これによると、大手企業の2019年冬季賞与の妥結額は、平均で、前年比1.49%増の「964,543円」となっています(同時期の過去最高を更新)。


 今回公表された第1回集計は、調査対象となる大手企業の約3分の1。
 12月下旬には最終集計が公表される予定ですが、経団連は「月例賃金も含めて賃上げの流れは維持されている」と分析しており、最終集計でも高い水準が見込まれています。


 詳しくは、こちらをご覧ください。
<2019年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)[第1回集計]>
http://www.keidanren.or.jp/policy/2019/100.pdf

あわせて読みたい