X理論・Y理論とは?モチベーションアップ理論をわかりやすく解説!

社員のモチベーションマネジメントは企業の重要な課題になっている

社員のモチベーションが高い状態では、業績アップや生産性の向上など企業にとって良い効果があります。しかし、現実として社員のモチベーションが高い会社はあまり多くありません。

ダイヤモンド・オンラインが全国の男女会社員に行ったアンケート調査によると「今働いている会社は仕事に対してやる気が出ない会社」であると回答した社員が63%と、過半数を超える結果が出ています。

あなたが今働いている会社は「仕事をやる気が出る」会社ですか。それとも「仕事をやる気が出ない」会社ですか。

出典元『DIAMOND online』なぜ「やる気」が出ないのか?会社が知る由もない社員のホンネ大調査

ベイン・アンド・カンパニーとプレジデント社の共同調査によると「やる気に溢れる」社員の生産性は、単に「満足している」社員と比べて約2.3倍高いという結果が出ています。

意欲の度合いによる社員の生産性
出典元『PRESIDENT Online』”3人に1人”の不満社員を奮起させるには

社員のモチベーションが上がると、以下のような効果があることが分かっています。

  • 離職率が低くなる
  • 仕事の質と生産性が上がる
  • 会社へのエンゲージメントが高まる
  • 組織の士気が高まる

社員のモチベーションを上げるための方法としては、以下のような施策があります。

  • 人事評価制度の充実
  • 人間関係を円滑にする取り組み
  • 会社の現状や進む方向性を経営者が伝える
  • 表彰制度などの非金銭的インセンティブ
  • 社員がチャレンジしやすい環境を整える
  • マネジメント教育と人材育成
  • ワークライフバランスの充実
社員のモチベーションアップのために最も重要なポイントは、社員がどんな欲求を持っているのかを理解して、欲求に応じた施策を行うことです。社員が求めているものを理解せず、無闇な施策を行うだけでは、効果が出ないだけでなく逆効果になってしまうことすらあります。今回は社員のモチベーションアップにつながる、具体的な施策を7つご紹介し...

社員のモチベーションを上げるためには、仕事に対する動機付けを行う必要があります。何のために働くかは社員一人ひとりの性格や価値観によって異なるため、動機付けのキッカケは人によって異なります。

今回の記事では、社員のモチベーションマネジメントを行う上で参考となるX理論・Y理論について、わかりやすくご紹介します。

X理論・Y理論とは?意味や定義、マネジメント手法として効果的な場面について

X理論・Y理論の提唱者と提唱された背景とは?

X理論・Y理論とは、人間観・動機付けにかかわる2つの対立的な理論です。X理論・Y理論は、1950年代後半にアメリカの心理・経営学者ダグラス・マクレガー氏によって提唱されました。

マクレガー氏は、マズローの欲求5段階説をもとに「人間は生来怠け者で、強制されたり命令されなければ仕事をしない」というX理論と「人間は生まれながらに嫌いということはなく、条件次第で責任を受け入れ、自ら進んで責任を取ろうとする」というY理論があるとしています。

社員のモチベーションアップのためには社員の欲求を満たすことが大切ですが、欲求とは給与や昇進などの待遇に限った話ではありません。欲求の内容を正しく理解することが、社員のモチベーションを上げる方法を知る上で非常に重要です。今回は社員のモチベーションアップの方法と、モチベーションの上げ方のコツをご紹介します。

X理論の意味や定義とは?

X理論とは「人間は生来怠け者で、強制されたり命令されなければ仕事をしない」とする、性悪説にもとづいた理論です。

X理論は、マズローの欲求5段階説における低次欲求(生理的欲求や安全の欲求)を比較的多く持つ人間の行動モデルです。命令や強制で管理して、目標が達成できれば報酬を、できなければ処罰を与えるといった「アメとムチ」によるマネジメント手法です。

Y理論の意味や定義とは?

Y理論とは「人間は生まれながらに嫌いということはなく、条件次第で責任を受け入れ、自ら進んで責任を取ろうとする」とした、性善説にもとづいた理論です。

Y理論は、マズローの欲求5段階説における高次欲求(社会的欲求や自我・自己実現欲求)を比較的多く持つ人間の行動モデルです。魅力ある目標や責任を与え続けることで社員を動かしていくという「機会を与える」マネジメント手法です。

X理論によるマネジメントが効果的な場面とは?

X理論によるマネジメントが効果的な場面としては、機密情報を扱う業務や高所での肉体労働など、個人の自主性に任せた管理ではリスクが大きい場合が挙げられます。

顧客情報を扱う業務で「責任は任せた!」と言われたら、誰でも困って当然です。大きなリスクを伴うような場面では、X理論にもとづいた厳密なルール運用によるマネジメントが効果的です。

Y理論によるマネジメントが効果的な場面とは?

Y理論によるマネジメントが効果的な場面としては、企業の目標と社員一人ひとりの目標が共有・共通している場合が挙げられます。

企業の目標と社員の目標が統合されている場合、社員は絶えず自発的に自分の能力や知識、技術や手段を高め、企業の繁栄に尽くそうとするようになります。

Z理論の誕生の背景とは?

X理論とY理論が登場してから20年以上経ったのち、アメリカの経済学者であるウィリアム・オオウチ氏が「Z理論」を提唱しました。

Z理論とは、X理論とY理論の「いいとこどり」をした理論です。権利統制と命令統制による上からの押しつけ型であるX理論と、社員の自主性を尊重するY理論の間を取ったような、上下や横の良好なコミュニケーションが存在するという理論です。

Z理論では「平等で親密」という温かな雰囲気が個人を動かし、細かく監視しなくても自発的に行動するとしています。企業としての体制が整っていれば、社員のモチベーションは自然とアップするという理論です。

社員のモチベーションをアップさせるためには、会社の社風や社員一人ひとりの価値観に合わせて、適切なマネジメント手法をとる必要があるのです。

弊社サービス「ミツカリ」では、AIによって会社全体や部署ごとの価値観と人材の価値観を可視化し、採用・配属におけるマッチ度を測りミスマッチを防ぐことができます。Z理論によるモチベーションマネジメントを行う際の支援ツールとして、是非導入をご検討ください。

X理論・Y理論だけでなく、Z理論も参考にしてモチベーションマネジメントを行おう!

マクレガーのX理論・Y理論とは、約60年前に提唱された動機付けに関する理論であり、性善説と性悪説にもとづいたマネジメント手法です。

知的労働が求められていること、法律によって必要最低限の生活が保障されていることなどから、現在の日本労働環境ではY理論が理想であると考えられがちです。しかし、個人の自主性に任せるY理論だけでは企業の運営は上手くいかないため、より発展したZ理論が生まれました。

企業において社員のモチベーションマネジメントを行う際は、X理論・Y理論だけでなくZ理論も参考にして、自社に合ったマネジメント手法をとるようにしましょう。

The post X理論・Y理論とは?モチベーションアップ理論をわかりやすく解説! appeared first on 人事担当者のためのミツカリ公式ブログ.

あわせて読みたい