パワハラ防止措置に関する指針の骨子(案)を公表

   厚生労働省から、令和元年(2019年)9月18日開催の「第18回   労働政策審議会雇用環境・均等分科会」の資料が公表されました。
 
   今回の議題は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律の施行について」で、ハラスメント対策の強化の部分がメインとなっています。
 
   資料1として、「職場におけるパワーハラスメントに関して雇用管理上講ずべき措置等に関する指針の骨子(案)」も提出されています。
 
   具体的な内容は、これから取り決めていくようですが、その施行日(令和2年(2020年)6月初旬ごろまでの間で政令で定める日。ただし、中小企業については3年間は努力義務とする猶予措置あり)に向けて、本格的な議論が始まったようです。
   動向に注目です。
 
   詳しくは、こちらをご覧ください。
<第18回   労働政策審議会雇用環境・均等分科会/資料>

あわせて読みたい