【フォーカス】鎌倉新書/互いを知る仕組みづくり “評価者”に社員5人指名

社内活性化を期待し 朝礼時は「3分間トーク」 ㈱鎌倉新書(東京都中央区、相木孝仁代表取締役社長、97人)は全社員が互いを深く知るための仕組みづくりを進めている。社員や部署間のコミュニケーションを円滑にし、組織として効率的な動きをするためだ。社員が議論し合い、目標や意識を共有する「キックオフミーティング」や毎日、全社員の前で自分を語る「3分間トーク」などがある。昨年はフリーアドレスや社員への意識調査……[続きを読む]

あわせて読みたい