経団連(日本経済団体連合会)から、「2019年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)[第1回集計]」が公表されました(令和元年(2019年)6月11日公表)。
 
    これによると、平均妥結額は、前年の夏と比べて2.52%減の97万1,777円と、2年ぶりの減少となっています(83社の総平均)。
  
    前年の水準を下回ったことについて、経団連では、「基本給を底上げするベースアップ(ベア)の獲得を優先し、労働組合では賞与の要求段階で(金額を)引き下げる動きが目立った」と分析しているようです。
 
   詳しくは、こちらをご覧ください。
<2019年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)[第1回集計]>