「働き方改革に伴う「しわ寄せ」への対策」の工程表などを取りまとめ(政府のWG)

首相官邸において、令和元年(2019年)6月12日に開催された「第9回中小企業・小規模事業者の長時間労働是正・生産性向上と人材確保に関するワーキンググループ」の資料が公表されました。
 
   その中で、厚生労働省・中小企業庁・公正取引委員会が取りまとめた「働き方改革に伴う「しわ寄せ」への対策」についての資料が公表されています。
   この対策は、次のようなものです。
●中小企業が時間外労働の上限規制に円滑に対応できるよう、大企業・親事業者に対する「しわ寄せ」防止に向けた取組を集中的に実施。
●取組の実施に伴い把握した課題に対しては、対応策を検討し、速やかに対策を実施。
 
   大企業・親事業者の働き方改革の推進に当たって下請事業者に「しわ寄せ」が生じることを防ごうという対策で、具体的には、中小企業への時間外労働の上限規制適用開始(来年(2020年)4月)までの間に、「「しわ寄せ」改善事例等の収集と周知・広報」、「経営トップへの直接要請等」、「行政指導の活性化」などを行うこととしています。
(来年度以降においても上記の取組を実施し、PDCAサイクルを着実に回す)
   
    詳しくは、こちらをご覧ください。
<第9回中小企業・小規模事業者の長時間労働是正・生産性向上と人材確保に関するワーキンググループ/資料>

あわせて読みたい