経験3年未満の労働者が被災するケース増加 多治見労基署・29年労災発生状況

ミンチ機で左手切断も 経験の浅い採用3年未満の労働災害が増加傾向――岐阜・多治見労働基準監督署が発表した平成29年における発生状況の取りまとめで、こんなデータが明らかになっている。 同労基署管内の休業4日以上の労災死傷者数は前年から微減して301人だった。このうち採用3年未満の労働者が占める割合は41.2%だった。4年前の数値と比較すると6ポイント以上増加している。 実際に昨年は、経験年数3年の4……[続きを読む]

あわせて読みたい