残業少ない職場を希望する新人増 生産性本部調査

 残業が多く専門能力を高められる職場より、残業が少なく趣味などに時間が使える職場が良い――このように考える新入社員の割合が増加していることが、今年の新入社員を対象に実施した日本生産性本部のアンケートで分かった。 職場に対する考えとして、「残業が多いが、仕事を通じて自分のキャリア、専門能力が高められる職場」と「残業が少なく、平日でも自分の時間を持て、趣味などに時間が使える職場」のどちらが好きか尋ねた……[続きを読む]

あわせて読みたい