運動する機会創出を 転倒減につながる可能性 関西経済同友会・提言

 企業は社員がスポーツをする機会の創出を――一般社団法人関西経済同友会は、「スポーツ都市KANSAIに向けて~『スポーツの力』で企業と地域に元気を~」と題する提言を取りまとめた。 労働災害の類型において「転倒」が増加傾向にあるのは、身体強度や運動機能の低下が原因となっている可能性があると分析。さらに、「この1年間に運動・スポーツをしなかったうえ、現在運動・スポーツをしておらず今後もするつもりがない……[続きを読む]

あわせて読みたい