「特定技能」制度の申請の際に必要となる社会保険関係の書類について(日本年金機構からお知らせ)

日本年金機構から、新たな在留資格「特定技能」制度の申請に際して必要となる社会保険関係の書類について、お知らせがありました(2019(平成31)年3月22日公表)。

本年(2019年)4月から、「特定技能」制度がスタートしますが、その運用においては、受入れ機関による特定技能外国人の受入れ時および特定技能外国人本人の在留資格変更・在留期間更新時における申請の添付書類の一つとして、地方出入国在留管理局に対し、「社会保険関係の保険料の納付状況を確認できる書類」の提出が必要とされています。

 この書類は、日本年金機構において発行が可能ですが、手続きの方法や申請様式については、3月中に日本年金機構ホームページに掲載を行うとのこです。

制度のスタートが近づいていますが、行政等の対応は遅れ気味のようです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<新たな在留資格「特定技能」制度の申請に際して必要となる社会保険関係の書類について(日本年金機構)>
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2019/201903/2019032201.html

あわせて読みたい