対前年比600円増に 20年振りの2500円 運輸労連18春闘集計

 運輸労連(難波淳介中央執行委員長)の18春闘集計(5月22日時点)で、平均賃上げ額が前年同時期より600円ほど高い2514円となっていることが分かった。およそ20年振りの水準で、近く行う中間まとめも同様の水準で落ち着きそうだ。 トラックドライバーが不足するなか、人手獲得目的で条件を引き上げた企業が多いとみられる。 日本通運やヤマト運輸など全国レベルの大手単組を含む水準で、……[続きを読む]

あわせて読みたい