「賃金構造基本統計」について、厚生労働省から、承認された計画と異なる調査方法が採られていたことが、総務省に報告されました。

    これを受けて、今後、事案の具体的な経緯や原因等については、「総務省行政評価局(担当府省とは異なる立場から行政機関の業務の評価・監視を実施している評価局)」において、調査を行うことにしたとの発表がありました(2019(平成31)年2月6日公表)。

   毎月勤労統計だけでなく、賃金構造基本統計にも問題が・・・
   しっかりと、原因等を調査して、然るべき対応をとって欲しいですね。

   詳しくは、こちらをご覧ください。
< 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」に対する総務省行政評価局による調査の実施について>https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201902/6_a.html