落下したスクラップで首の骨を折る重傷 立ち入り区域を設定せず送検 新潟労基署

 2階から落下した金属スクラップが労働者の頭に当たり、首の骨を折るケガを負った労働災害で、新潟労働基準監督署は㈱会津丸三(福島県会津若松市)と同社の現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで新潟地検に書類送検した。スクラップが落下し労働者に当たる危険があったにもかかわらず、立ち入り区域を設定するなどの危険防止措置を講じていなかった。 同社は建築物・工作物の解体工事を営……[続きを読む]

あわせて読みたい