調査産業計で見た労働者過不足判断D.I. (不足-過剰)は、正社員等労働者が43ポイント、パートタイム労働者が32ポイントの不足超過。「働き方改革」について、現在までに実施した取り組みで最も多かったものは「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」と「残業削減の推進」がともに62%で最多。今後実施する予定の取り組みでは「休暇取得の促進」78%がトップ。