墜落による労働災害を防止するための措置の強化を内容とする政省令の改正案(諮問・答申)

 厚生労働大臣は、平成30年5月23日、労働政策審議会に対し、「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令案要綱」と「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令案要綱」について諮問を行いました。

この政省令の改正案は、高所作業を行う労働者の墜落による労働災害を防止するための措置を強化しようとするものです。

<改正のポイント>

●法令上、「安全帯」の名称を「墜落制止用器具」に改める。

●労働者に使用させる「墜落制止用器具」は、作業内容や作業箇所の高さ等に応じた性能を持つものであることとする。

●事…

2次下請の労働者が被災 元請・1次下請を送検 岩見沢労基署

 北海道・岩見沢労働基準監督署は、掘削作業時の安全対策を怠ったとして、工事の元請と2次下請の2社2法人を労働安全衛生法違反の容疑で札幌地検岩見沢支部に書類送検した。平成30年2月、美唄市内の土木工事現場内において2次下請の労働者が被災する労働災害が発生している。 元請の㈱岸本組(北海道美唄市)と同社現場代理人は、毎作業日に少なくとも1回作業場所を巡視しなかったうえ、1次下請の作成したドラグ・ショベ……[続きを読む]…