「強い気持ち」でミス抑制/社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング 飯塚 武郎

 仕事にミスはつきものとはいえ、ミスをした本人も、その上司も、ミスをされた方も嫌なものであり、重大な結果を伴うことが多い。 満員電車で足を踏んでしまったような場合は、踏んでしまった原因とか、今後は踏まないようにするための説明など不要であり、まず謝ることが重要である。しかし、業務上の謝罪には、そもそも起こった事態の確認、ミスに至った原因・経緯の把握、解決の見通し、再発防止策、責任の所在、損害賠償の方……[続きを読む]…

【今週の労務書】『新しい労働時間管理 導入と運用の実務』

テレワークなどに対応 業種別の労働時間管理の留意点に加え、テレワークや短時間正社員制度の導入など新しい勤務形態への対応まで概観できるのが本書。規程例が付いていて実務に生かしやすい。 IT業界については、プロジェクトマネージャーを管理職として扱う場合、遅刻や早退について報告・届出をさせる程度に留めるなど一般社員との管理区分を明確化するのが良いとした。飲食業に関しては、変形労働時間制を活用すれば、割増……[続きを読む]…

欠かせぬ労使双方への愛/社会保険労務士法人はなだ事務所 花田 周作

 社会保険労務士として登録して、早くも15年の年月が経過した。 その間、毎日のように、「社労士とは何か」という自問自答を続けてきた。恐らく今後も社労士を続けていく限り、この自問自答は毎日の晩酌の際のテーマとなり続けるであろう。 労務管理の専門家として、様ざまな業種・規模の企業様とお付き合いをさせていただいているが、本当に呆れるほど、多種多様な業務が日常的に発生する。 例を挙げればきりがないが、給与……[続きを読む]…

【今週の労務書】『パワハラをなくす教科書 「健康経営」を実現する基本と原則』

「健康経営」実現の一環
 パワハラは指導監督・業務命令との線引きが難しいケースが多いが、指揮命令系統がある以上どんな職場でも生じ得る。労働相談件数でも最多となっており、企業等へのカウンセリングを行っている著者は、パワハラはセクハラ以上にリスクが大きく、「働き方改革」によって新たなハラスメント行為を生み出す可能性もあると警鐘を鳴らす。
 本書ではパワハラを個々の言動の是非に問うのではなく、労働環……[続きを読む]…

労働契約承継に関与を/社会保険労務士法人 ネクストi.D. 代表社員 鬼頭 統治

 私は、1988年8月に全国社会保険労務士会連合会の登録を受けた。当初から、社会保険労務士会の研修に積極的に参加し、知識の涵養に努めてきた。その頃、連合会が1985年1月に発行した「改訂社会保険労務士業務の理論と実務」という赤本を座右の書として、何度も読んだ。 愛知県社会保険労務士会は5年、10年毎に「愛知県社会保険労務士会○年のあゆみ」という記念誌を発行していた。当時、ご縁があって、制度創設30……[続きを読む]…

【今週の労務書】『働き方改革法で労務管理はこう変わる』

玄人っぽさが滲む書 「口語労働法」で有名な版元の本書だけに分かりやすさはピカいち。おおむね全編実務家なら知っておきたいポイントを押さえたQ&A形式を採るが、「働き方改革はなぜ必要か?」といった今さらの問い掛けから始めるのではなく、「清算期間3カ月のフレックスタイム制の割増賃金の支払いは3カ月後で良いか?」のように、基礎的知識はおろか、改正法への関心がないと解けないQから始まる玄人っぽさが良い。 不……[続きを読む]…

仕事の生産性向上に参画/社会保険労務士法人 MCS 代表 森 義隆

 私が事務所を置く千葉県は、県央に京葉工業地域という日本を代表する重工業地域(第二次産業)が、南房総に田園地帯、東には太平洋に面した海岸線が拡がり(第一次産業)、東京ディズニーランドというアミューズメントパーク(第三次産業)が東京に隣接している。そしてそれらをつなぐ鉄道網と世界へ向けた成田国際空港が控えている。 2020年東京オリンピック・パラリンピックを前に、経済・雇用環境には回復基調が見え始め……[続きを読む]…

仕事の生産性向上に参画/社会保険労務士法人 MCS 代表 森 義隆

 私が事務所を置く千葉県は、県央に京葉工業地域という日本を代表する重工業地域(第二次産業)が、南房総に田園地帯、東には太平洋に面した海岸線が拡がり(第一次産業)、東京ディズニーランドというアミューズメントパーク(第三次産業)が東京に隣接している。そしてそれらをつなぐ鉄道網と世界へ向けた成田国際空港が控えている。 2020年東京オリンピック・パラリンピックを前に、経済・雇用環境には回復基調が見え始め……[続きを読む]…

【今週の労務書】『外食ビジネス 人材活用15のポイント 人手不足は仕事の「見える化」で解消!』

採用難なら時短推進を
 不況下に低コスト戦略を発展させてきた外食業界は、以前にも増して人と時間のやり繰りに追われている。飲食業専門のコンサルタントによる本書は、解決のヒントを人材活用の面から探っていく。型通りの人手確保指南にとどまらず、発想の転換を迫る内容には目から鱗が落ちる。
 たとえば採用戦略では、ハローワークの効果的な活用を推奨。改めて投資0円の価値を説きつつも、求人票にカラー画像を載せ……[続きを読む]…

全産業213社ベースで75万3389円、対前年同期比3.9%増とプラスに転じる~『東証1部上場企業の2018年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査』:労務行政研究所

民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏 東京都品川区西五反田3-6-21)では、東証1部上場企業213社を対象に、今年の賃上げと同時期に交渉・決定した年末賞与・一時金の妥結水準を調査・集……