平成30年7月豪雨 各省庁の情報など

 西日本を襲った平成30年7月豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

 被害がこれ以上拡大しないことを願うばかりです。

 この豪雨災害に関して、各省庁から、情報が公表されています。
 主要な情報のリンクを紹介させていただきます。 

 被害状況の確認が続けられている段階ですが、以下のリンクのページで最新情報が更新されています。

 具体的な対応の内容も、徐々に公表されることになると思われます。
<厚労省:平成30年7月豪雨による被害状況等について>
https://…

協会けんぽ 平成29年度の決算見込みを公表

 協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)から、平成29年度の決算見込み(医療分)について、お知らせがありました(平成30年7月6日公表)。

 公表されたのは、協会会計と国の特別会計を合算した医療分の決算(見込み)です。

 これによると、平成29年度は収入(総額)が9兆9,485億円、支出(総額)が9兆4,998億円で、収支差は4,486億円となるようです。

 赤字にはなっていませんが、前年度からの増加額を比較すると、収入(総額)の増加は3,265億円、支出(総額)の増加は3,765億円で…

「コンセプチュアルスキル(概念化能力)」とはどんなスキルなのか?

抽象度の高いビジネススキルは必要なのか? ハーバード大学の経営学者ロバート・カッツは会社経営に必要な能力をビジネススキルとし、それは大きく3つに分類されるというモデルを提唱しました。カッツモデルでは、ビジネススキルは業務…

The post 「コンセプチュアルスキル(概念化能力)」とはどんなスキルなのか? appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

世界35か国の中堅企業の多様性を調査した「ダイバーシティスナップショット」を発表~日本は経営幹部における女性比率が対象国中最低。改善への意向では、ジェンダーの多様性より年齢の多様性に高い関心を示す:太陽グラントソントン

太陽グラントソントンは、2017年11月に非上場企業を中心とする中堅企業経営者へ、企業の経営幹部における多様性の調査を行い、その分析結果を「ダイバーシティスナップショット」として公開した。・経営幹部に民……

世界35か国の中堅企業の多様性を調査した「ダイバーシティスナップショット」を発表~日本は経営幹部における女性比率が対象国中最低。改善への意向では、ジェンダーの多様性より年齢の多様性に高い関心を示す:太陽グラントソントン

太陽グラントソントンは、2017年11月に非上場企業を中心とする中堅企業経営者へ、企業の経営幹部における多様性の調査を行い、その分析結果を「ダイバーシティスナップショット」として公開した。・経営幹部に民……

過労死等の労災補償、脳・心臓疾患の時間外労働時間別では「80時間以上~100時間未満」が101件が最も多い~平成29年度「過労死等の労災補償状況」を公表(厚生労働省)

厚生労働省は6日、平成29年度の「過労死等(※1)の労災補償状況」を取りまとめましたので、公表します。厚生労働省では、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した……

過労死等の労災補償、脳・心臓疾患の時間外労働時間別では「80時間以上~100時間未満」が101件が最も多い~平成29年度「過労死等の労災補償状況」を公表(厚生労働省)

厚生労働省は6日、平成29年度の「過労死等(※1)の労災補償状況」を取りまとめましたので、公表します。厚生労働省では、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した……

【今週の視点】存在感増すインターバル制度 国の大綱にも明記

導入企業じわじわ増加 過労死防止の特効薬とされる「勤務間インターバル制度」。勤務終了時刻から翌日の勤務開始時刻までに一定の休息時間の確保を求める欧州発の健康確保対策だ。結果的に労働時間の上限が決まるため効果が大きいとみられ、導入企業もじわじわと増加。今現在、意見募集中の過労死等防止大綱の改定案には導入企業の数値目標も盛り込み、制度の存在感が増している。……[続きを読む]…