土砂崩落で労働者が死亡 土木工事業者を送検 直方労基署

 福岡・直方労働基準監督署は、地山崩落を防ぐ対策を怠ったとして、㈱大和土木(福岡県田川市)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で福岡地検飯塚支部に書類送検した。平成30年1月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 同社は福岡県宮若市内において、排水路取り換え工事を行っていた。死亡した労働者はコンクリート打設準備のため掘削溝内に入っていたところ、崩落し……[続きを読む]…

“手抜き”が崩壊招く 労働者1人窒息死で建設会社を送検 さいたま労基署

 さいたま労働基準監督署は下水管の設置作業中に労働者が生き埋めになり死亡した労働災害で、飯村建設㈱(埼玉県さいたま市)と同社の現場代理人を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いでさいたま地検に書類送検した。土止めの矢板を減らし作業をさせた結果、地山が崩壊したという。 労働災害はさいたま市が発注する同市桜区の下水管敷設工事現場で起きた。現場では下水管を設置するため、深さ2.2メー……[続きを読む]…

全社員へスマホ貸与 テレワークなど導入 USENHD

 ㈱USEN-NEXT HOLDINGS(東京都港区、宇野康秀代表取締役社長)は、時間・場所の概念を捨て、効率と結果を追求することなどを目的に、新人事制度を今月1日に導入した。働き方改革に資するアイデアを社員から募る企画も行っており、良い案は制度化する可能性がある。 新たに採り入れたのは、コアタイムやフレキシブルタイムを設けないスーパーフレックスタイム制度とテレワーク勤務制度である。……[続きを読む]…

1日9時間半も残業 飲食チェーンを送検 泉大津労基署

 大阪・泉大津労働基準監督署(寺村晃久署長)は、違法な時間外労働をさせたとして、和食レストランやホテルなどを運営する㈱フラット・フィールド・オペレーションズ(大阪府泉大津市)と同社総務部長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。 同社は、平成29年1月1日~6月17日の間、総務や経理の労働者2人に対し、36協定を締結せず、違法な時間外労働をさせていた。……[続きを読む]…

育ちたい気持ち人材育成に必須 厚労省シンポ

 厚生労働省は5月29日、従業員の自律的なキャリア形成の支援について模範的な取組みを行っている企業を表彰する「グッドキャリア企業アワード」を盛り上げるためのシンポジウムを東京都内で開催した。キャリア形成支援をテーマに法政大学経営大学院の藤村博之教授が講演を行ったほか、過去の受賞企業による取組事例発表などを行った。 藤村教授(写真)は、「人材育成は、会社と個人の共同作業」と指摘。「従業員本人の育ちた……[続きを読む]…