持株会社化による多様な人事制度

多くの企業が人手不足で悩んでいる。また、採用活動を行っても、求める人材は他社に採られてしまうということも多い。どうすれば求める人材を採用できるのであろうか?転職者はどのような理由で就職先を選ぶのだろうか?

転職者が現在の勤め先を選んだ理由は、厚生労働省の調査「平成27年転職者実態調査の概況」で示されている。上位3項目に挙げられたのが、「仕事の内容・職種に満足がいくから」、「自分の技能・能力が活かせるから」、「労働条件(賃金以外)がよいから」という理由である。売手が強いといわれる現在の転職市場に…

本当に必要な学生を採用できていますか

平成30年3月卒業予定の大学生の就職内定率は10月1日時点で前年同期比4.0ポイント増の75.2%であり、直近10年間では最高の売手市場となっている(※1)。一方、内定辞退率も64.6%(※2)と高く、東証一部上場企業においても人材獲得不足により、第二次募集、第三次募集を実施する例があったようだ。また、ある企業では新卒採用者に自社を第一志望とする者が一人もいなかったという話もある。

各企業の人事担当役員からは、「想定以上に内定辞退者が出た」、「自社の採用方法・体制に限界を感じる」、「内定者全体…