不当な工期短縮に勧告 時間外労働規制へ対応促す 働き方改革の一環で 国交省

 国土交通省は、2024年から建設業にも時間外労働規制が適用されることから、適正な工期設定に向けた環境整備を早急に進めることが不可欠として、受注者による工期ダンピングの禁止とともに、不当に短い工期で請負契約を締結した注文者への勧告制度を創設する考えだ。受注者は請負契約の締結に当たり、工事の準備期間、工事の種別ごとの工事着手の時期・工事完成の時期などの工程の細目を明確にして「工期」を見積もることを規……[続きを読む]…

健康保険及び厚生年金保険の届出の一部を大規模法人等で電子化など(パブコメ)

『健康保険法施行規則及び厚生年金保険法施行規則の一部を改正する省令案』について、平成30年8月16日から、パブリックコメントによる意見募集が開始されました。

この改正案は、健康保険及び厚生年金保険の適用事務に係る事業主及び被保険者の事務負担の軽減及び利便性の向上のため、健康保険法施行規則及び厚生年金保険法施行規則について、次のような改正を行おうとするものです。

①大規模法人等についての一部の届出の電子化
  報酬月額の届出、報酬月額変更の届出及び賞与額の届出について、資本金、出資金の額等が1億…

欧州や欧米での同一労働同一賃金の考え方とは日本とどう違うのか?

欧米・欧州での「同一労働同一賃金」の考え方とは 「同一労働同一賃金」は、職務内容が同じ労働者に対しては、雇用形態などに関わらず同一の賃金を支払うべきという考え方で、ドイツやフランスなどのEU諸国や米国などで普及している考…

The post 欧州や欧米での同一労働同一賃金の考え方とは日本とどう違うのか? appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

欧州や欧米での同一労働同一賃金の考え方とは日本とどう違うのか?

欧米・欧州での「同一労働同一賃金」の考え方とは 「同一労働同一賃金」は、職務内容が同じ労働者に対しては、雇用形態などに関わらず同一の賃金を支払うべきという考え方で、ドイツやフランスなどのEU諸国や米国などで普及している考…

The post 欧州や欧米での同一労働同一賃金の考え方とは日本とどう違うのか? appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

【特集1】働き方改革のキモ オフ時に“拘束感”健康問題へ影響 「距離」の取り方がカギ

 仕事のパフォーマンスとオフの過ごし方には関係がある――各社で「働き方改革」の取組みが進むなかで、このような認識は広く浸透してきているが、具体的な留意点はあまり知られていない。今号特集1は、労働による疲労を専門に調査研究を行っている労働者健康安全機構の久保智英上席研究員に、「労働観」や「睡眠負債」を切り口に「よりよく休む」ための留意点をご教示頂いた。勤務時間外に仕事のメールや電話を頻繁に行っている……[続きを読む]…

面接で優秀なポテンシャル人材を「見逃さない」ために

面接では優秀な人材を「見逃さない」ことが最も重要 面接で優秀な人を見抜くためには、どんな人物を「優秀」だとみなすか、明確な定義が必要です。コミュニケーションスキルなどのスキルの高さを求める場合もあれば、「自主性」や「協調…

The post 面接で優秀なポテンシャル人材を「見逃さない」ために appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.