新たな財政健全化計画等に関する建議

 財務大臣の諮問機関である「財政制度等審議会」は、平成30年5月23日、政府が同年6月に策定する財政健全化計画に向けた建議(意見書)を、麻生財務大臣に提出しました。
 その建議が、財務省から公表されました。
 
 建議では、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を黒字化させる道筋について、「遅くとも平成37年度までに安定的に確保しておく必要がある」としています。
(これまでは平成32年度までとしていましたが、昨年、政府が消費税増税分の使途を変更したことなどを受けて平成37年度までに見…

2040年を見据えた社会保障の将来見通しを示す

 平成30年5月21日、首相官邸で「平成30年第6回経済財政諮問会議」が開催されました。
 今回の会議では金融政策、社会保障などについての議論が行われました。
 
 その中で、「2040年を見据えた社会保障の将来見通し(議論の素材)」も示されました。
 これによると、2018年度において約121兆円とされている社会保障給付費は、団塊の世代の方のすべてが75歳以上になる2025年度時点で約140兆円となり、65歳以上の高齢者人口がピークを迎える2040年度時点には、最大で190兆円に達すると試算されて…

電子申請 年度更新などに関する利用マニュアルを更新

 厚生労働省から、e-Gov電子申請利用マニュアルのうち、「労働保険年度更新に関する手続」、「労働保険保険関係成立に関する手続」を更新したとのお知らせがありました。

 年度更新の時期が近づいていますが、e-Gov電子申請システムを利用して手続を行うのであれば、ご確認ください。 

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 マニュアルを紹介する表の中の「労働保険年度更新に関する手続」、「労働保険保険関係成立に関する手続」の部分が更新されています。

<e-Gov電子申請利用マニュアルの紹介>
h…

「建設技能トレーニングプログラム」を作成(国交省)

 国土交通省から、『「建設技能トレーニングプログラム」を作成しました!~いつでもどこでも受講可能な映像研修プログラムを公開します~』というお知らせがありました。

 このプログラムは、建設リカレント教育の一環として、建設職人の技能を映像で学べる研修プログラムです。
 スマートフォン等により時間・場所に制約されることなく、どなたでも無料で利用できるよう、Webサイトで公開したとのことです。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<「建設技能トレーニングプログラム」を作成しました!>
http:/…

「社員の安全と健康が、企業の評価を上げる。-安全衛生優良企業公表制度の認定企業を訪ねて-」を公表(厚労省)

 厚生労働省は、安全衛生優良企業公表制度に基づく認定企業における社員の安全確保や健康増進に関する取組を報告書にまとめ、公表しました(平成30年5月17日公表)。
 
 今後、わが国が人口減少・高齢社会に移行し、生産年齢人口の減少が見込まれるため、社員の職場環境の改善や整備は、経営上の重要な課題になっています。
 そこで、厚生労働省では、平成27年6月に安全衛生優良企業公表制度を創設し、安全衛生の取組が優良と認定した企業名等を同省ホームページで紹介しています。
 このたび、認定企業5社を訪問し安全…