2019年第1四半期雇用予測、日本の雇用意欲は、15年前の調査開始期以来最も好調な値を記録~マンパワーグループ雇用予測調査:2019年第1四半期(1-3月期)結果発表:マンパワーグループ

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2019年第1四半期(1-3月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワーグループ雇……

2019年第1四半期雇用予測、日本の雇用意欲は、15年前の調査開始期以来最も好調な値を記録~マンパワーグループ雇用予測調査:2019年第1四半期(1-3月期)結果発表:マンパワーグループ

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2019年第1四半期(1-3月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワーグループ雇……

身体障がい者に比べると、精神障がい者の方が、仕事や就職活動における満足度が低い。障がい者を雇用している企業でも、精神障がい者を雇用しているのは3割程度にとどまる~『精神・身体障がい者338名と、企業人事担当者400名を対象にした調査』:アデコ

世界最大(*1)の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、2018年4月1日の……

身体障がい者に比べると、精神障がい者の方が、仕事や就職活動における満足度が低い。障がい者を雇用している企業でも、精神障がい者を雇用しているのは3割程度にとどまる~『精神・身体障がい者338名と、企業人事担当者400名を対象にした調査』:アデコ

世界最大(*1)の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、2018年4月1日の……

ピーターの法則と日本型雇用の関係性とは?昇進だけが正解ではない

出世した有能な人が無能になるメカニズム ー「ピーターの法則」 組織構造を成す人材の特徴として「ピーターの法則」という言葉があります。「ピーターの法則」とは、アメリカの教育学者であるローレンス・J・ピーター氏が、著書の中で…

The post ピーターの法則と日本型雇用の関係性とは?昇進だけが正解ではない appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

外国人雇用へ前向き約2割 京都市

 京都市は、外国人雇用の実態調査結果を明らかにした。製造業の金属や非製造業の飲食・宿泊で雇用に前向きな傾向がみられた。 調査は市内の中小企業800社に対して実施し、482社から回答を得た(回収率60.3%)。 外国人を雇用しているのは12.5%、雇用していないが前向きに検討しているのは11.6%だった。業種別にみると、雇用中と検討中の合計は、飲食・宿泊の54.5%や情報通信の42.1%、金属の41……[続きを読む]…

障がい者を雇用する上場企業や特例子会社の約8割が、障がい者の業務にITを導入。職域の拡大や業務の効率化が期待できる~「障害者雇用に関する実態調査」・「障害者雇用及び特例子会社の経営に関する実態調査」:野村総合研究所

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本臣吾、以下「NRI」)と、NRIみらい株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:足立興治、以下「NRIみらい」)は、2018年8月から10月……

障がい者を雇用する上場企業や特例子会社の約8割が、障がい者の業務にITを導入。職域の拡大や業務の効率化が期待できる~「障害者雇用に関する実態調査」・「障害者雇用及び特例子会社の経営に関する実態調査」:野村総合研究所

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本臣吾、以下「NRI」)と、NRIみらい株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:足立興治、以下「NRIみらい」)は、2018年8月から10月……

26%で70歳就労可能 高年齢者の雇用状況 厚労省

 中小企業と大企業の両方で70歳以上まで働ける制度を整える企業が拡大していることが、厚生労働省がまとめた平成30年高年齢者の雇用状況集計で明らかになった。 65歳までの高年齢者雇用確保措置を講じている企業の割合は前年比0.1ポイント増の99.8%に達した。従業員301人以上規模に限ると、……[続きを読む]…