労働移動支援助成金の早期雇入れコースとは?正規社員採用で活用しよう!

労働移動支援助成金の「早期雇入れコース」とは 売り手市場による人材の確保が大きな問題となっています。事業を拡大させるためには人材が必要ですが、そもそも人材を確保できないために事業規模縮小、最悪の場合倒産も起こりえます。 …

The post 労働移動支援助成金の早期雇入れコースとは?正規社員採用で活用しよう! appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

労働移動支援助成金の再就職支援コースとはいつ使える助成金なのか

労働移動支援助成金の「再就職支援コース」とは 人材不足を理由にした倒産も増え、離職を余儀なくされる労働者が多くいます。政府としても、自己都合でない、意図せず離職した人材の対応に力を入れています。しかし政府だけで行える施策…

The post 労働移動支援助成金の再就職支援コースとはいつ使える助成金なのか appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

労働移動支援助成金とは?採用に関わる助成金を活用しよう!

採用活動時に使える助成金とは? 売り手市場によって、人材を確保することが難しくなるのと比例して、1人あたりを採用する金額についても年々上昇しています。 2014年のマイナビの調査によると、各社が中途採用時に使用する求人広…

The post 労働移動支援助成金とは?採用に関わる助成金を活用しよう! appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

事業場13%で80時間超残業 旅館業・箱根

 神奈川県箱根町や小田原労働基準監督署(哘崎雅夫署長)などは共催で、旅館業者を対象とした労務管理講習会を開催した。同労基署が平成29年7月に実施した自主点検結果を受けたもの。 自主点検結果によると、回答のあった261事業場中、43%で何らかの労働基準関係法令違反がみつかった。過去1年以内に月80時間を超える時間外・休日労働をさせていた事業場は13%、月100時間超は7%だった。雇入れ時の労働条件明……[続きを読む]…

在留管理制度検証 在留状況を正確・確実に把握する仕組みの構築が必要

 法務省から、中長期在留者の在留管理制度等の施行状況に係る検証結果について、報告書が公表されました(平成30年5月23日公表)。

 検証結果の概要は、次のとおり。

①現在の在留管理制度における課題

・16歳の誕生日を迎える方の在留カード等の有効期間満了日の見直し
 ⇒見直しに向けた検討が必要
・永住者及び特別永住者の方を中心とする在留カード等の有効期間更新申請案内の個別通知の発送
 ⇒継続実施できるよう引き続き検討
・中長期在留者の届出制度
 ⇒中長期在留者と所属機関の双方からの正確かつ確実な…