【時間外労働等改善助成金】時間外労働上限設定コースとは

時間外労働等改善助成金とは 「時間外労働等改善助成金」は、時間外労働に対する施策を取った中小企業に向けて助成金を出す制度で平成30年4月に新設されました。現在関連法案の改正などが進められている「働き方改革」ですが、残業規…

The post 【時間外労働等改善助成金】時間外労働上限設定コースとは appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

労働生産性を読み解くための指標とは?労働分配率や設備投資効率について

「労働分配率」「設備投資効率」…労働生産性に関連する指標 グローバル化などで企業を取り巻く環境が変化し、働き方なども多様化する昨今。「生産性向上」に関する議論をよく耳にするようになりました。「労働生産性」は、現在の安倍政…

The post 労働生産性を読み解くための指標とは?労働分配率や設備投資効率について appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

【フォーカス】㈱ガイアックス/フリーランス活用 コア業務に注力し業績アップ

月5万円は必ず外注 離職率が40%から0%に ㈱ガイアックス(東京都千代田区、上田祐司代表執行役社長、連結正社員120人)のソーシャルメディアマーケティング事業部は、2015年からフリーランスを活用した労働環境改善に取り組んでいる。従業員一人ひとりに外注予算を付与した上で、月5万円の必ず使わなければならない「下限」を設けた。コア業務に注力した結果、離職率は40%から0%に減り、業績は5倍に伸びた。……[続きを読む]…

日本の労働生産性の現状を国際比較してみるとわかることとは

日本の労働生産性を国際比較すると…? グローバル化などで、企業を取り巻く環境は刻一刻と変化し、働き方なども大きく様変わりしている昨今。「生産性向上」に関する議論も、よく耳にするようになりました。日本に関して問題視されてい…

The post 日本の労働生産性の現状を国際比較してみるとわかることとは appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

日本における労働生産性の違いとは?推移や産業・都道府県別に比較すると

OECD加盟国の中で低水準な日本の「労働生産性」 働き方改革で解決しようとしている課題の一つに「労働生産性の向上と効率化」があります。少子高齢化などでの労働力不足への対応が求められており、外国人採用や女性の活躍推進・定年…

The post 日本における労働生産性の違いとは?推移や産業・都道府県別に比較すると appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

外国人労働者の適正な労働条件と雇用管理の確保などについて検討を開始(労政審の部会)

厚生労働省は、平成30年11月9日開催の「第82回労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会」の資料が公表しました。
今回の議題は、「外国人労働者の現状」と「外国人材が活躍できる環境の整備」について。厚生労働省でも、外国人材の受入れ拡大に関する検討が開始されました。

これまでにも、「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」などにおいて、「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(検討の方向性)」が示されていますが、厚生労働省では、医療・保健・福祉サービスの提供や労働環境の改善…

中小企業4割が環境改善を検討 人手不足で調査

 大阪シティ信用金庫は、中小企業の人手不足の実態と今後の対応策についての調査結果を公表した。 人手が不足していると回答した企業の割合は、35.3%だった。原因を尋ねると、このうちの54.5%が「仕事量の増加」と回答、「退職による欠員」35.5%が次いだ。 人手を維持・確保するために今後考えている経営施策を聞くと(複数回答)、多い順に「労働時間の短縮など労働環境を改善する」41.6%、「賃金を引き上……[続きを読む]…

トライアル雇用とは?働きぶりを見て入社を見極めできる制度

トライアル雇用助成金とは トライアル雇用助成金とは、職業経験の不足などから、技能、知識が十分にないと思われる求職者、また安定的な就職が困難な求職者に対して早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的として生まれた制度で…

The post トライアル雇用とは?働きぶりを見て入社を見極めできる制度 appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

夜勤中に倒れ高齢の警備員が死亡、遺族が過労死として労災申請

「高校の警備員だった男性(当時68歳)が勤務中に急性心筋梗塞を発症し、死亡したのは、長時間労働による過労が原因だったとして、男性の遺族が労働基準監督署に労災申請をした。」といった報道がありました。
遺族と代理人弁護士が、平成30年10月17日に記者会見を開き明らかにしたものです。

遺族側は、死亡の原因となった急性心筋梗塞を発症する前の6か月の残業時間が50時間から130時間に上り、過労死ラインを上回っていたとしています。
高校の警備業務は3人のシフト制でしたが、1人が休職し…