【安全衛生・お薦めの一冊】『これならできる 中小企業のメンタルヘルス・ガイドブック』

平易な言葉で本質を説く ストレスチェックの一部義務化や面接指導等の措置の強化など、メンタルヘルス対策に関しては事業主の負担が増加傾向にある。 特に中小企業にとってコスト面は悩みの種だが、本書は医師や社労士といった専門職との連携や、無料や安価で利用できるウェブサイトなどの資源を上手に活用し、限られたコストで最大限の効果を得るためのヒントを提示する。 普段の社内教育や、休職者の復職と再発防止を目指す「……[続きを読む]…

【今週の労務書】『これならできる 中小企業のメンタルヘルス・ガイドブック』

疾患ごとに対応示す 本書は、ストレスチェックや社内教育などのメンタルヘルス不調予防から休職後のリワークプログラムまで、中小企業向けにメンタルヘルス対策のポイントを解説したもの。うつ病や不安障害など職場でよくみられる精神疾患ごとに、復職時における対応の留意点を分かりやすく示しているのが特長だ。 労働者が適切な診療を受けられるように、主治医の選び方や、企業と主治医の連携方法も提示した。万一、現在の主治……[続きを読む]…

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は58.4%。現在の仕事に関することでストレスを感じることがあるとする労働者は58.3%~平成29年「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果 (厚生労働省)

厚生労働省では、このほど、「平成29年労働安全衛生調査(実態調査)」の結果を取りまとめましたので、公表します。労働安全衛生調査は、周期的にテーマを変えて調査を行っており、平成29年は、第12次労働災害防……

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は58.4%。現在の仕事に関することでストレスを感じることがあるとする労働者は58.3%~平成29年「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果 (厚生労働省)

厚生労働省では、このほど、「平成29年労働安全衛生調査(実態調査)」の結果を取りまとめましたので、公表します。労働安全衛生調査は、周期的にテーマを変えて調査を行っており、平成29年は、第12次労働災害防……

【特集1】建設業のメンタルヘルス対策 建設現場のストレス軽減へ コミュニケーション活性策が奏功 職場環境改善効果を検証 建災防

 建設業労働災害防止協会では昨年度、建設現場へのストレスチェックと集団分析結果を踏まえた職場環境改善に関する調査研究事業を実施した。職場環境改善の取組みとして、休憩所の整備や懇親会、職長会活動の活性化など、従来から現場が進めている取組みを見直し、よりコミュニケーションの側面を重視した活動を展開。風通しの良い職場環境づくりによってストレス反応の値が改善している。今号の特集1では、取組みに成功した現場……[続きを読む]…

【トピックス】「心の体操無料講座」を開設 〝うつ、ストレス〟などの軽減へ メンタルヘルス総合研究所

 メンタルヘルス総合研究所の久保田浩也代表が10年以上にわたって企業、健保組合、個人への指導を行ってきた「心の体操」。上手な休み方と、しなやかさ(柔軟さ)の訓練の習得・実践により心の休息を促し、精神面の健康を取り戻すのに有効とされている。今年からは無料講座として、「うつ・不安・強迫・不適応」などと診断されて休職中、あるいは勤務制限下にある人たちの受講を優先的に募っている。……[続きを読む]…

コア人材を育成・教育する方法とは?適正な育成方法を知ろう

組織の中核を担う「コア人材」とは 社会環境が大きく変化し、企業の経営のスピード化や効率化が求められる時代、企業を担う重要な存在が「コア人材」です。コア人材とは、他社との差別化などにおいて、必要不可欠となる業務を担い、代替…

The post コア人材を育成・教育する方法とは?適正な育成方法を知ろう appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

【今週の労務書】『ストレスチェック面接医のための「メンタル産業医」入門 改訂第2版「働き方改革関連法」対応』

充実の書式が利用可 産業医として20年以上のキャリアを持つ著者が自身の仕事術を記した一冊。産業医をターゲットにしているが、人事担当者にも役立つ。改訂第2版には今年6月に成立した働き方改革関連法の内容が盛り込まれた。 メンタルヘルス不調の予防では「ならない」「出さない」「こじらせない」をキーワードに、1~3次予防までをカバー。「朝食を摂る」「運動をする」など個人で実行可能な予防法は従業員一人ひとりが……[続きを読む]…