国税庁HPに、平成30年からの配偶者控除の改正に伴い、様式が変更となる源泉徴収票への記載のしかたについて資料が公開されました。(平成30年5月31日)  資料には、以下の事例の場合にどのように記載するかが示されています。 ・年末調整で配偶者控除の適用を受けた場合 ・年末調整で配偶者特別控除の適用を受けた場合 ・年末調整で障害者控除の適用を受けた場合 ・中途退職の場合(年末調整の適用を受けない場合) ※中途退職者に発行する場合の例についても記載されていますが、現段階で新様式が手元にない場合、平成29年度分までの様式をお使いになることが可能です。 以下のURLから、記載方法の資料や、新様式をご覧になれます。 国税庁HP:[手続名]給与所得の源泉徴収票(同合計表) http://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/23100051.htm