労働時間管理について、ひとこと。現状はといいますと、労働時間適正把握ガイドライン(平29・1・20基発0120第3号)が基準となります。こちら、労働時間の把握を行うべき者から、「労基法41条に定める者」「みなし労働時間制が適用される労働者」は除外されています。ただし、「健康確保を図る必要性」から使用者には適正な労働時間管理を行う必要があるとしています。…[続きを読む]