神奈川労働局(三浦宏二局長)は7月6日、物流現場の安全対策を確認するため、ASKUL Logi PARK 横浜を訪れた。今年度から始まった第13次労働災害防止計画では陸運業の労災防止を重点としており、その一環として荷主先である物流センターの安全対策を確認した。 三浦局長は、荷物の積み込み場所や梱包ラインで、歩車分離の徹底や安全表示、スポットクーラーによる熱中症予防策などを確認した。パトロール後に……[続きを読む]