厚生労働省は、「建設業における墜落・転落防止対策の充実強化に関する実務者会合」の第1回を開催した。建設業の死亡災害の4割、死傷災害の3割をそれぞれ占める墜落・転落災害に歯止めをかけるためで、足場などに関する措置の充実強化に向けて労働安全衛生法令の改正も視野に検討を進めるという。論点(素案)では、一側(ひとかわ)足場について、「原則として本足場などと同程度の措置を求める必要があるのではないか」と問……[続きを読む]